派遣業務に就く人は多くなっていますが、全国的にも人材派遣会社の数は増える傾向にあります。正社員以外の仕事につく人も珍しくなく、働き方は多種多様です。期間労働者や、アルバイト労働者など、派遣社員や、契約社員のほかにも、非正規の仕事のスタイルはいくつかあります。日給、時給といった給料の算出方法も多種多様ですし、健康保険に入っているかどうかも関係します。今では、労働者の約4割が正社員以外の雇用形態、いわゆる非正規社員として仕事をしているそうです。それだけ、人材派遣会社を利用する人は多く、社会でのニーズも高いことが予想されます。契約社員という待遇で仕事をするという前提で、人材派遣会社は企業へと人材を紹介しています。契約社員は、契約期間が事前に決まっており、その期間だけ働きます。定年まで雇用されることになっている正社員とはそこがまず違います。両者には長所と短所があり、その人の環境や、ものの考え方によっても、正社員と契約社員のどちらを希望するかが異なっています。正社員並みの残業時間や、責任のある仕事を任されているのに、正社員よりも給料は安く、休みも取りにくいという人もいます。正社員より待遇が悪くなるとしても、アルバイトよりは比較的待遇が良い派遣社員を希望する人は増加する傾向にあります。人材派遣会社に紹介されて派遣社員として働く場合には、利点も欠点も理解した上で選択することが必要です。